--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-12-14(Fri)

さよなら夜遊びの国(12月14日帰国日)

今日は帰国日。
飛行機が朝の便のため、朝5時半起き。眠い目をこすりながら、荷物をつめてフロントでチェックアウトの手続きを済ませた。今回泊まっていたグランドプレジデントの前に屯っているタクシーは最悪との噂を聞いていたので、無視してスクンビットへ歩き出す。途中で前方から来たタクシーが止まったので、空港までメーターで行くか確認して乗り込んだ。早朝のため道はガラガラで、高速を使って約20分程度でスワンナプーム空港へ到着。タクシー代B191、高速代B65の計B256。

早朝なのに空港は結構混んでいた。飛行機のチェックインを済ませ、余ったバーツを円に再両替した(\10000/B3034)。端数がB174残ったので、免税店でお土産にB170のドライマンゴーを買って、タイバーツはほぼ使い切れた。ちなみに、ドライマンゴーはタイ産は美味しくなくて、フィリピン産の方が激ウマなのが残念なところ。

飛行機も遅れることなく無事に日本に到着して、今回のタイ夜遊び旅は幕を閉じた。

今回感じたのは、パタヤって良いなぁということ。バンコクの方が夜遊びに限らず選択肢の多さ、姫の可愛さではパタヤを上回っている気がする。だけど、パタヤの姫の方がビジネスライクではなく、擬似恋愛により近い感覚で遊べる気がする。値段もバンコクより安いしね。

最後に、いないと思うけど、タイ携帯のSIMカード欲しい方がいれば1,000円で譲ります。SIMカード代B99+残高B262.5=B361.5(約1,084円相当)、有効期限2008年12月12日。左のメールフォームから連絡ください。
 ※2008年1月18日に売れました。有効期限は短いですが、SIMカードは空港で買えますので、欲しい方は初日のブログ記事を参考にしてください。

SIMカード販売

ブログパーツ
スポンサーサイト

2007-12-13(Thu)

初エロ古式マッサージの20日目(12月13日最終日)

いよいよ夜遊び最終日となった。某交流系掲示板の私の書き込みからメールをくれたタイ人女性(自称23歳で大学卒業して無職)と14時に会う約束をしてある。2人目の国際交流の予定だ。待ち合わせ場所はまたもサイアムスクエア。会う前にMBK(マーブンクロンセンター)のフードコートで昼食を済ませるため、少し早めにホテルを出た。

移動中のBTS内で1時間ほど遅れるとの連絡が入った。遅刻はタイ人には良くあることだ。遅れるとの連絡があるだけまだましな方。昼食を済ませると時間が出来たので、MBKの4階のケータイショップモールへ行ってみた。

先ずはSIMカードの値段をチェック。AISの1・2・コールの安いものはB50からあった。空港で買った正規料金B99の約半額だ。時間に余裕があればここに来て買うのも手だが、差額はB50≒150円だから時間と労力を考えると。。。

MBKSIMカード

次にSIMロック解除の状況を見て周る。世界的に話題のiPhoneはすでにロック解除は当たり前でソフトの他言語化もやっていた。なんと日本語化まで出ていたから驚いた。値段を確認したところ、日本語化されたiPhoneはB26000。実物は見る事ができなかったので、どの程度正しい日本語化がされているかは確認できなかった。

iPhone1    iPhone日本語

また、SIMロック解除できる日本の携帯機種の写真や名前が書かれたボードが掲げられていたり、SIMロック解除された日本の携帯が並べられて売られていた。値段は中古品か新品か、機種の新旧で異なるとのこと。中古の旧機種でB4800~新品の新機種(日本だと2モデル前位)でB9500まで。見た限りでは日本の携帯を扱っているのはここ1店のみのようだ。

MBKSIM解除1    MBKSIM解除2
MBKSIM解除3    MBKSIM解除携帯

待ち合わせ相手からサイアム駅に着いたとの連絡があり、MBK内のKFC前で待ち合わせの約束をした。待つ事30分、一向に現れないので連絡してみるが返信がない。だまされたか、すっぽかされたか?

時間は夕方4時過ぎ。夜遊びには早い時間なので、今まで行った事なかったエロ古式マッサージに行ってみることにした。前々から気になっていたエンジェルマッサージのMilkちゃんの素顔と評判の確認に向かうことにした。電話でタイ2度目(1度目はMPの姫)の予約を入れる。Mlkちゃんを予約してみると、あっさり出来たので拍子抜けした。売れっ子との評判だったので予約でいっぱいかと思っていたが、そうでもないらしい。

BTSプロンポン駅下車、徒歩5分でSoi24/1の奥にあるエンジェルマッサージへ到着。中に入って受付で予約の旨伝えた。出てきた姫MilkちゃんはGダイの写真を少し老けさせた感じ。まぁ、こんなものかと思った。オイルマッサージ2時間(B800)でお願いした。

Soi24/1

Milkちゃんに先導されて3階の小部屋へ。中は地方の置屋の部屋にエアコンとシャワーがついた感じで、あまりキレイとは言えない。実際、小さなゴキブリも見たが、バックパッカー上がりだからか、それほど気にしなかった。

先ずはシャワーを浴びる。姫も一緒にシャワーブースに入るが、下着姿で体を洗ってくれるだけ。シャワーの後はうつ伏せになって、背中からオイルマッサージがスタートした。マッサージしながら、いろいろと話をしてスペシャルに誘われる。スペシャルは3段階で、手コキB500、口B1000、全部B1500。

もちろん全部でお願いした。すると、姫も下着を脱いで体全体を使ってのマッサージに移行した。私の手もいろいろな所に動いてしまう。暫らくすると姫から仰向けになるように指示が出た。仰向け状態でお互いの全身を使ったオイルマッサージが続き、お互いの手もいろんな所を動き回る。ディープキスもOKだった。姫の口が下へ移動して、丁寧な玉舐めが超気持ち良い。タイで玉舐めは初めての気がする。サオ舐めから合体へと移行して、とても気持ちよくフィニッシュを迎えられた。

なるほどこの姫、評判どおりのテクを持っている。特に玉舐め、サオ舐め、合体と各段階への移行が絶妙なタイミングで、男のツボを押さえている。ちなみに、姫のあそこはうっすら毛しかない、ナチュラルなほぼパイパン状態だった。

今回はこの姫しか試していないが、日本人がオーナーで教育がしっかりしているとのことなので、他の姫も同様の各段階は出来るのではないかと思う。そう考えると、部屋のマイナス分を考えても、MPに行くのと同等くらいの価値はあるかもしれない。

お店を後にして、一旦ホテルに戻り休むが、最終日なのでナナへ出掛けてみた。レインボー4とレインボー1を見て12時を回ったところでテーメーへ移動したが、エロ古式で気持ちよく終われていたので、最後にハズレをひくのが怖くなりホテルに帰って今回の夜遊びは終わりにした。
ブログパーツ

2007-12-12(Wed)

大学生との再会、19日目(12月12日)

今日は5日目に会った女子大生と再会する約束の日。13時のサイアムスクエアでの待ち合わせに少し早めに向かう。昼ご飯をサイアムパラゴンにある大戸屋で食べるためだ。サイアムスクエア1階には『大戸屋』と大戸屋のファーストフード版『大戸屋キッチン』があるが、メニューの豊富さ等から大戸屋の方が良い。「帆立貝のあんかけ卵とじご飯」を食べたが『タイすかいらーく』と違って美味しい。ちゃんとした?日本食の味がする。ちなみに、無料で飲み物がついてくるが、グリーンティーをつけてもらった。こちらも美味しい緑茶だ。

大戸屋

今日の彼女はラフな格好で登場。サイアムパラゴンの1階のフードコートでお茶しながら、彼女の写真コレクションや定番の折り紙(鶴)でひとしきり盛り上がった。それからバスでヤワラー(中国人街)に移動して、サンペーン市場を見て周った。そこから、彼女が気を利かせてくれてトゥクトゥクに乗って王宮近くのタマサート大学近辺に移動。道端の露天商を見ながら、お腹が空いたので彼女のお気に入りの『味千ラーメン』に入った。味千ラーメンは8番ラーメンのようにタイでチェーン展開している日本のラーメン屋さんで、熊本が地元(8番ラーメンは石川)。彼女がここを気に入っている理由は、味付け卵にしっかり味がしみているからとの事。なるほど、味付け卵は日本のラーメン屋のように美味い。味千ラーメンを後にして、バスに乗って少し移動。カオサン近くのボート乗り場からボート(B10)でプラトゥナーム(伊勢丹近く)まで移動して彼女とのデートは終了。

nan2    nan3    nan4

気が付けばもう夜9時前。一旦ホテルに戻り、シャワーを浴びてナナ近くの屋台街で晩飯(B65)を済ませ、昼間に余計な?体力を使って疲れた体に鞭打ちナナへ出撃。今日は時間も無いので、決め撃ちでレインボー系のみに入る事にした。先ずは2階のレインボー4へ。ここはステージが2つに分かれているので、全部の姫を見てから選ぶのは難しいのが難点だが、姫は揃っている。

営業をかけてきた姫がまあまあ可愛かったので、いろいろと話した。ここには1○歳から3○歳までいるらしく、IDチェックがあるホテルには連れて行けない姫もいるようだ。この姫、キスOK、ショートでも2回OKと条件は良かったが、お腹の肉が少~しだけ付いてるので子供がいるか確認したら一人いるとの事でNGにした。

次に入ったのはレインボー2。ここで踊る姫を眺めていたら、途中から可愛い姫が登場した。早速呼ぼうとしたが、すでに客が付いているとの事で呼べなかった。仕方なく他の姫を眺めて探すが、先ほどの姫に勝るような姫が見当たらず、時間も12時になったのでテーメーへ移動した。

テーメーの中を一回りして席に着き、出入りする姫を眺めながらチェックする。隣に座っていた年増の中国系タイ人の姫といろいろ話をしてみた。テーメーに来る姫はフリーの姫とカラオケの姫に大別されるようだ。カラオケはタニヤとスクンビットから仕事が終わってから来たり、休日を利用して来るらしい。

その後、2人の姫から別々に営業がかかったが、2人とも昼間はスーパーのレジをやってるとか。その内の一人は許容範囲内だったが、明日は仕事のためロングは不可との事で交渉不成立。今日も相手が見つからずホテルに戻って一人で寝た。
ブログパーツ

2007-12-11(Tue)

半オフ日18日目(12月11日)

今日は昼過ぎに起き出そうとしたが、昨日のお酒とMPでのマッサージのせいか、背中の筋肉が痛い。そこでもう一眠りして、夕方近くになってルームクリーニングに起こされるまで寝てしまった。

夕方4時頃に起き出して、ご飯を食べに近くのロビンソンデパート地下のフードコートへ。ここで、タイすかいらーくのカツ丼(B35)を食べてみた。カツはハムのように薄く、キャベツを入れるオリジナルの工夫?がされている。言わなくても汁ダクで半分以上が汁に浸かっていた。

カツ丼

食後はホテル近くのレートが良いといわれている両替所VASUへ両替に行った。B2985/\10000(近くの銀行ではB2935/\10000)だった。

VASU

部屋に戻ってまた寝入ってしまい、電話で起こされたのはすでに夜8時過ぎ。このままではいけないと思い、とりあえずナナへ向かう。ナナ前でナナバーガーで腹ごしらえをして、最初は2階のエンジェルウィッチへ入店。ここはソイカのゴーゴーのようにショータイムがあって楽しめる。

次に入ったのは中3階のエロチカ。ここは制服組と水着組に分かれているが、水着組の方が姫は揃っているので、制服組が踊っている時に入っても水着組が踊り出すまで待った方が良い。

最後に入ったのはレインボー1。意外な事に今回の訪タイでレインボー1に入るのは初めてだった。レインボー店は他店に比べて姫が質、量とも揃っているなぁと改めて思った。

疲れが出てきたのか、テーメーにも行かずホテルに戻って、今日は終了した。
ブログパーツ

2007-12-10(Mon)

穴場MPとタニヤ再び17日目(12月10日)

今日は初めて会う人と昼飯を食べにナナ近くのバスストップへ。その後、一緒にお風呂屋(MP)を巡る。先ずはペップリー方面へ、バンコクコージー、エビータ、メリーを見て周る。時間が早いので姫の数も少ない。

次いで一緒に周っている人の行きつけだと言うラーマ9世通りのお風呂屋さん(MP)へ向かい、キャサリンへ入店。この人の馴染みのコンシアが用意していたのは今日初入店の姫。この姫、異常に緊張しているのが分かるほどガチガチだ。今日が初仕事と言うのは本当のようだ。

二人が上に消えて、コンシアに『お前にも若い姫を用意してやろう』と言われて待つ事20分ほど。コンシアが私服姿の背が小さくて見た目ロリ系の姫を連れてきた。少し迷ったがこの姫とお相手する事にした。この姫、普段ここで働いているわけではないようで、他の姫が持っている自分のお仕事セットを持っておらず、誰かのお仕事セットを借りてきていた。

ただ、お仕事はひと通り知っているみたいだったので、たまに働きに来ているのか?タイ語オンリーだったので詳しくは聞けなかった。この姫も生フェラをしてくれて、今回二度目だ。気持ち良くて、そのまま口の中に出してしまった。一時休戦してマッサージをしてもらい、マッサージ後に戦闘再開したが、歳のせいか二回連続とはいかず途中で止めた。

一旦ホテルに戻って休んでいると、タイ在住の人から電話がかかってきて、一緒にタニヤへ出撃する事になった。タイ在住の人の友人とキャサリンで一緒だった人も誘い、4人でタニヤのセーラームーンへ入店。カラオケの後、ダーツゲームを4ペア対抗で3ゲームやった。3回の内2回は自分たちが負けてしまい、罰ゲームでお酒飲めないのにウィスキーの一気飲みをする羽目になってしまった。写真は一緒に遊んだ4人の姫たちと、私についたTarちゃん24歳。

セーラームーン      セーラームーンTarちゃん

罰ゲームですっかり酔っ払ってしまって、店を出たのは午前1時を回っていた。姫をオフせずにテーメー前の屋台で夜食のタイラーメンを食べて、テーメーに入って休憩。月曜日の2時前でお客は男女とも少なく閑散とした感じ。ここで姫を調達する事もなくホテルに帰った。
ブログパーツ

2007-12-09(Sun)

バンコク最高級MP体験の16日目(12月9日)

今日は午後3時くらいからパタヤで一緒だった方とお風呂屋を攻めてみることにした。最初に向かったのはペップリー方面。エビータとメリーを覘いてみたが、ピンと来る姫はいなかった。そのままペップリーを東へ進み、一緒に周っている人のお勧めのひとつ『タラワディー(旧:大阪)』へ行ってみた。中心部からちょっと外れているので、地元タイ人が車で来ることが多いようで駐車場には車がいっぱい停まっていた。中に入るとちょっとリゾートっぽい雰囲気で、姫のレベルは高い気がする。が、残念なことに時間帯が悪いのか、姫の数は多くなかった。

タラワディーを後にして、ラチャダー方面へ向かうことにした。ハイクラス、エマニュエルと見て周り、ナタリーへ。一緒に周っていた人はここで決めた。自分は気になる姫を席に呼ぶようにコンシアに言うが、このコンシアは姫を席に着かせようとせず、姫をキャッシャーで待たせて、すぐに上へあがってやれと催促してきた。これにはカチンと来て、すぐにナタリーを出た。日本人に人気だからかコンシアが図に乗ってきているようだ。

ナタリーを後にして向かいのシーザーを見るが、ここも姫の数が少ない。仕方なく、タクシーを拾ってプラザに向かうが、途中で気が変わりバンコク一の高級店『アムステルダム』に入店した。ここは基本的にはB2600、B3000、B3600の3クラスに分かれている。この時はそれ以上の姫はいなくて、最高級店らしい姫を拝むことはできなかったが、B3000の姫を選んでバンコク最高級MPに初入店した。

最高級店というので部屋はどんな感じだろうと期待していたが、平凡な部屋でかなりの期待はずれ。部屋自体はポセイドンやエマニュエルの方が良い。今日指名した姫は身長が170cmくらいある、22歳の大学生。ラヨーン出身で趣味は映画鑑賞との事。ディスコやショッピングにも行かず、お酒もタバコもやらないとても真面目な姫だ。姫の仕事はなかなか丁寧で生フェラもしてくれた。考えてみると、今回の訪タイでは初めてで、とても気持ちよかった。一戦終わった後にまだ時間があったので、時間いっぱいまでマッサージをしてくれた。ちなみに、B3000の内、B2000が姫の取り分との事でアムステルダムは他の店よりも姫に良心的な店のようだ。

アムス部屋    アムス姫

アムステルダムを出たところでナタリーで別れた人との待ち合わせ場所タニヤに向かう。途中でその人から電話が掛かってきた。その人の以前からのお気に入りがお店にいたのでペイバーしてしまったとの事で、その人のお気に入りド真ん中ストライクの姫と3人で夕食を食べる事になった。タニヤ近くで落ち合って適当なお店に入った。なるほど、その人がド真ん中ストライクと言うだけあって、かなり可愛い姫だ。夕食を済ませて二人と別れ、何故かゴーゴーやテーメーへ行く気になれず、今日はそのままホテルに戻った。夜遊び疲れか?

ド真ん中ストライク

ブログパーツ

2007-12-08(Sat)

お土産買出しと初コヨーテの15日目(12月8日)

昨夜は疲れが出て、早々に帰って寝たので、朝早く目が覚めた(と言っても10時だけど^^;)。今日の昼間はお土産を買いにタイシルクの有名ブランド『ジム・トンプソン』のアウトレット店へ行くことにした。。『ジム・トンプソン』のアウトレット店は6店舗あるらしく、バンコクのスリウォン通りとスクンビットSoi93、パタヤのロイヤルガーデンプラザ内とサウスパタヤ、プーケットに2箇所。今日はバンコクのスクンビットSoi93に行くことにした。

行き方はBTSスクンビット線の終点オンヌット駅で降り、スクンビット通りを更に先に進む。徒歩だと約10分ほどで左側にSoi93の入り口に着く。オンヌット駅を降りた所にバイタクも屯っているのでそちらを利用しても良い(B20)。一見何もなさそうな普通のSoiに見えて、とても有名ブランドのお店があるようには見えない。

Soi93入り口    Soi93

Soi93を進んでいくと学習塾のKUMON(公文)を通り過ぎてすぐ、入り口から約5分程で普通のオフィスビルがある。これがジム・トンプソンのアウトレット店だ。5階建てで1階~3階は布地の量り売りのフロア。4階が小物・アクセサリー類とシャツなどの服飾類。5階がシーツや枕カバー、クッションカバーなどが置いてある。また、5階にはカフェも併設されている。

ジムトンプソン

商品は年度落ちのデザインや柄のものだが、市価の半値以下のものが多く、最新のデザインにこだわらなければかなりお買い得だ。日本人でジム・トンプソンの最新デザインを気にする(知っている)人はあまりいないと思うので、かなり使えると思う。

ホテルに帰る途中に遅い昼食を食べるため、日本人街であるプロンポン駅で降りて、Soi33/1にある『らぁめん亭』で肉てんぷら(B150、定食セットでB200)を食べた。肉てんぷらとは豚肉のてんぷらでなかなか美味しくて、タイに来ると必ず一度は食べている。日本では見たことがないメニューだが日本にもあるんだろうか?ちなみに、肉てんぷらが食べられる『らぁめん亭』はタニヤにもある。

肉てんぷら

食後近くのフジスーパーで無糖のお茶を買ってホテルへ戻った。タイで無糖のお茶はコンビニには置いてないので、探すのにいつも一苦労する。ちなみに、フジスーパーでタイ土産の定番『グリコ ポッキー ラープ味』の1ダース箱(12個入)定価B120がB68で売っていた。会社などへのお土産として大量に買う場合で、フジスーパー近くに来ることがあれば(例えばエロ古式マッサージに来たついでなど)利用価値はあるだろう。

プリッツラープ味

夕食は在住の方とパタヤで一緒だった方+在住の方の彼女(もちろんタイ人)の4人でトンロー近くのビエンチャンキッチンと言うイサーン料理屋へ行った。ここはファラン(白人)に人気のお店らしく結構混んでいた。料理も美味しく、タイの伝統舞踊などのショーもあり楽しかった。

ビエンチャンキッチン

夕食後は在住の方の彼女の車で、バンコク郊外(車で20~30分)にあるコヨーテクラブのひとつ『Gotcha!』へ行った。初コヨーテだが生バンドの演奏に合わせて、客席に突き出した3つの細長いステージにセクシーな衣装(ビキニとホットパンツにブーツ)を着たスタイル抜群のお姉ちゃん達がセクシーに格好良く踊るのを眺める。イメージとしてはゴーゴーバー全員をレベルアップしてダンススタイルを格好良くした感じ。

Gotcha!

YouTubeコヨーテ動画



1時間ほど眺めて、ソイカに移動。ここで在住の方と別れ、パタヤで一緒だった方と二人でゴーゴー、テーメーを攻めてお持ち帰りした。
ブログパーツ

2007-12-07(Fri)

バンコクに戻った14日目(12月7日)

名残惜しいが今日でパタヤを後にして、バンコクへ帰る。ホテルをチェックアウトする時に、ここから(Walking Streetから)バスステーションまでどう行けばいいか聞いてみた。ソンテウ貸切(タクシー)でB160、バイタクでB70とのこと。ホテルを後にしてWalking Streetを歩いているとソンテウがどこまで行くのかと聞いてきた。バスステーションまでと言うと、聞いていた通りB160だと言ってきた。交渉してB100で話をまとめた。

パタヤからバンコクまでのバスは朝5:00~21:00まで30分毎に出ている。料金は来た時と同じB121。行き先はエカマイとモーチットもあった。バスに乗って約2時間でエカマイの東方面バスターミナルに到着。エカマイからBTSでナナ駅へ。ナナ駅から徒歩約10分ほどで、バンコクでの残りの宿泊先グランドプレジデントへ到着した。建物が3棟もある大きなサービスアパートメントだ。

GP1  GP3  GP2

前回泊まった同じ通りにあるグランドビジネスインの部屋に比べると全体的に設備が機能的に配置され整っている感じ。部屋の中にセーフティボックスもある。部屋でインターネットができるのは同じ(有線LAN接続でスピードは2Mbp弱も同じくらい)。スタッフの対応も丁寧で良い印象。グランドビジネスインと比べての弱点は部屋が若干狭く、スクンビットから遠いこと。ほぼ同じ価格(ドリカムツアーの7泊8日プロモーション価格)でも、朝食は付かないこと。ただ、同程度の値段で泊まるなら、こちらの方が高級感があるかな。

ホテルに落ち着いたら、最後の1週間の軍資金の両替に行くことにした。BTSでチットロム駅まで行き、伊勢丹向かいにあるスーパーリッチへ。B3020/\10000だった。BigCで買い物をしてホテルに一旦戻り、夕食に出掛ける。誰かのブログ(忘れてしまった)で紹介されていたトンロー近くにあるラーン55というレストランへ。ここの名物料理『オースアン(牡蠣のお好み焼き)B120』を食べた。牡蠣がいっぱい入っていて、これは美味しい。場所はBTSトンロー駅を降り、エカマイ方面の左側。トンロー通りを渡って角から4~5軒目くらいで徒歩2~3分。

ラーン55    オースアン

前回のバンコク滞在時にお世話になった在住の方に電話するが、二日酔いとの事で今日は一人でゴーゴーバーへ出撃。ソイカの定番、バカラの2階でしばらく見ているが、疲れが出たのか眠くなってきた。バカラを出て宿に帰ろうとソイカを歩いていたらシバーズの呼び込みの姫に腕を捕まれた。この姫、色は浅黒いが可愛いのでそのまま入店してしまった。この姫を横につけて連れ出しの交渉をするが、ペイバーB700、ショートB2500、ロング不可とか阿呆なことをのたまうので、一気にやる気がうせて退店して、今日はそのままホテルへ帰還した。

バンコクに帰ってきてから、下のパタヤのディスコ動画を発見した。映像を見る限りカンボジアのディスコに近い感じで、ダンスフロアや周りの席で姫をナンパ(自由交渉)出来そうに見える。誰か行ってみて情報くださ~い。Soi15のクラブ インソムニアと言う所のようです。

YouTube興味津々のパタヤのディスコ


ブログパーツ

2007-12-06(Thu)

パタヤ最終日の13日目(12月6日)

早いもので今日がパタヤ最後の日だ。
パタヤでの行動はワンパターン化してしまっている。昼頃に起き出して、朝食(昼食?)を食べに出掛ける。ホテルを出てすぐのバーミー屋台(SoiBJ)か、Boat(Boyz Town対面)か、APEX HOTELの朝食ビュッフェのいずれかで食事を済ませると、ロイヤルガーデンプラザ4階のスタバでコーヒーを飲みながら本を読む。1~2時間ほど本を読んで飽きてくると、Soi6に移動して気に入った姫がいれば店に入るか、いなければそのまま反対側まで突き抜けてソンテウでホテルに戻る。ホテルに戻ったらインターネットをしたり、テレビを見たり、昼寝をしたりして夜まで時間を潰す。夜7~8時頃に夕食に出掛け、そのまま夜遊びに突入する。

今日も上記のまんまの行動で夜遊びに突入した。今日は一緒に遊ぶ人がいないので、一人でゴーゴーを見て周る。最初に入ったのはウィンドミルクラブ。ここは剃りマンの姫がレズビアンショーをやるのが売りらしく、ファランがかぶりつきの席で見入っていた。次に入ったのはビーチクラブ。前回入った時に面白かったし、可愛い姫もちらほらと見かけたので入ってみた。相変わらず東洋人、西洋人関係なく人気のようで結構混んでいた。しかし、可愛い姫にはすでにお客がついていたので、しばらくして退店した。

Walking Streetをぶらついていると、突然「パーン」という音がした。音のした方を見ると照明が切れたお店に煙が立ち込めていた。どうやら、変電器がショートしたらしく全ての照明が切れて、一部が飛散したようだ。

変電器ショート

そんな小ネタを眺めつつ、3日ぶりにスーパーガールへ入店した。ここでは一部に顔を覚えられており、私の顔を覚えているおばちゃんに案内されるまま席に着いた。すると、私の顔を覚えている姫から席につきたいと申し出を受けるが、丁重にお断りした。しばらく眺めていたが、踊っている姫の顔をよく見たくなり、かぶりつきの席に移動した。すると、他の姫から営業がかかった。この姫、3日前に可愛いと思った姫だ。その時はすでにペイバーされて着替えて出て行くところだったので、番号も確認できなかったが、今日はついているかも。

早速席につかせて話をする。やはり日本人に人気の姫らしく、片言の日本語を話す。3ヶ月スーパーベイビーで働いて5ヶ月前からスーパーガールに移籍したらしい。姫の名前はAoi(オーイ)ちゃん。ウドンタニ出身の22歳で、パタヤにある大学でホテルの勉強をしている現役大学生とのこと。現在3年生で、あと1年で卒業して、バンコクの5つ星ホテルで働くのが目標だとか。

Aoi1

パタヤ最後の夜はこの姫に決定。ペイバーB700、ショートB1500、ロングB2500。ロングで連れ出したものの、コトを済ませると一人で寝たくなった。帰っていいよと言うが、それじゃあなたが可哀想だと言って帰ろうとしない。そこで、外に何か食べに出掛けることにした。Walking Streetでアイスクリームを買って食べながら二人でぶらついたが、やはりどこかに落ち着こうと言うことになりスーパーベイビーへ行くことにした。この姫、営業がなかなかうまい。

YouTubeスーパーベイビー(隠し撮りか?)



スーパーベイビーでコーラを飲みながら、小1時間ほど話をして店を出た。スーパーベイビーを出たところで、Aoiちゃんの電話番号を教えてもらい別れてホテルへ戻った。ホテルに着いてしばらくするとAoiちゃんからSMS(ショートメッセージ)が来た。お客のアフターフォローをするなんて、さすがホテル学を学んでいるだけのことはあり、そつがない。お金を無駄使いしちゃったけど、最後になかなか良い姫に当たりパタヤを楽しく締めくくれた。
ブログパーツ

2007-12-05(Wed)

国王の誕生日で夜遊びできなかった12日目(12月5日)

今日はタイの国王の誕生日らしい。
夜になってホテルを出てみるが、Walking Streetは音楽がなく、風俗の店のネオンは消され、静まりかえっている。写真はネオンが消えたWalking Streetと国王の誕生日を祝う人たち。

静かなWalkingStreet    国王誕生日を祝う人たち

静かなWalking Streetを後にして、ソンテウでSoi6近辺へ移動してみる。Soi6もほとんどの店が閉店している。それでも、バービアは音楽なしネオンなしでも営業しているのはさすが。薄暗い店内にファランがごった返しているから、音楽がないこととネオンがなく暗い事を除けばいつもと変わらない様子だ。写真は薄暗いSoi6とファランでいっぱいのバービア。

静かなSoi6    暗いバービア

ただ、ゴーゴーバーはどこも営業していないので、ファラン以外の人たちにとっては大きな問題。Soi6に来たついでに、近くにあるカラオケとMP(お風呂屋さん)を覘いてみた。前回パタヤに来た時にお世話になった『クラブ愛』に行くと、時間が早いこともあり姫が20人くらいいた。可愛い姫も何人かいたがB3500はやはり高いので、姫のレベルチェックだけで退店。次に『ニュー夢』へ行くも、ここは今日は営業していなかった。値段だけ確認すると連れ出しB2000とのことで安目だ。

更にMP(お風呂屋さん)を3店見て周った。サバイルームとサバイランドはB1600(1時間半)で同料金だが、サバイディーだけはB2000(1時間半)と強気な料金設定。選べる姫もいるものの、このレベルと料金ならバンコクのペップリー沿いのMPに行って2時間楽しんだ方がよい。

ホテルに戻って夜中3時前に外に出てみる。Walking Streetにはまだファランが歩いている。立ちんぼもいるが、7割がたはガトゥーイ(タイ語でオカマ)だ。目が少しでも合うと近寄ってきて、一緒に行くとか言ってくる。結構可愛いから姫であれば連れて行こうとも思うが、声がどう考えてもオカマ声(ちょっとかすれて甲高い声)だ。『マイ アオ ガトゥーイ(オカマは要らない)』と言って振り切った。
ブログパーツ

2007-12-04(Tue)

新たな合流の11日目(12月4日)

今日も朝からすることが特になく、ショッピングセンターの4階にあるスタバでコーヒーを飲みながら持ってきた文庫本を読んで暇を潰していると、電話がかかってきた。出てみると、ブログからメッセージをくれた人からで、同じフロアのレストランで昼飯を食べているとの事。食べ終わったらスタバに来て合流して一緒にSoi6を見に行くが、店に入ることもなく2ndロード側からビーチロード側へ突き抜けてしまった。いったん別れて夕食から再度合流することにした。

夜8時に待ち合わせて、Walking StreetのSoi15のゴーゴーバー『ビーチクラブ』の隣のタイ飯屋へ入った。ここでカオマンガイ(蒸し鶏乗せご飯)を注文してみたが、これがかなり美味しいカオマンガイ(B30)だった。

カオマンガイ屋    カオマンガイ

飯を食べて店を出たところにあるゴーゴー『ビーチクラブ』へ入ってみた。中は結構混んでいて、各客席の上で姫が踊っている。ミニスカートの中はノーパンで、姫によっては胸を出してたり、全裸になっている姫もいる。ここで面白いと思ったのは、見た限りではここの姫は全員下の毛を剃っていてパイパンにしていること。全裸の姫は割れ目がバッチリ見えている。ミニスカをはいてる姫も言えばスカートをめくって見せてくれるので、チップにB20をあげよう。パタヤでのチップはB20で十分。ファラン(白人)もチップであげてるのはB20紙幣。パタヤの夜遊びにはB20紙幣を用意しておくと重宝する。

ここでもう一人、今日パタヤに着いた人から電話がかかってきたので合流した。今日一緒に遊んだ人は初パタヤの人たちなので、またまた定番のスーパーベイビーへ。バンコクには月一で行っているという人曰くナナでも人気が出そうな姫がいるとの評価。

その後はSoi8のバービアを覘いてみることに。一昨日まで一緒だった人が連れ出していたノリの良い姫に見つかり、その姫の店に入ることに。3人それぞれに一人ずつ姫がついて、それぞれ話しをしたりゲームをして遊んで楽しめた。不思議なことにバービアで遊んでいるうちに、最初は選べないと思っていた姫が可愛く見えてくる。ファランの多くがゴーゴーよりもバービアにハマっているのは、そんなことも要因としてあるのかもしれない。
ブログパーツ

2007-12-03(Mon)

一人バービアの10日目(12月3日)

昼頃に起き出し、朝食を食べた後はやることがない。ファランは昼間っからバービアでビールを飲んだくれていたりするが、何もしない贅沢な時間の使い方がうまいのか?それに比べて自分は何もしない時間があると、手持ち無沙汰で何かすることを探してしまう。日本人だなぁ、と感じる瞬間だ。

ちなみにこの時期のパタヤは昼間は風が強く波が高いので、海で遊ぶにはあまり適さない時期らしい。バンコクの姫も言っていたから間違いないだろう。写真は昼のパタヤビーチと夕陽に染まるパタヤの心洗われる?風景。

Beach    夕陽

一緒に遊んでいた人が今夜の便で帰国するので、今日は一人でバービアで遊ぶことにした。ホテルを出てWalking Streetを歩いていると警察の車の荷台に5~6人の姫が乗せられている光景に出くわした。どうやら見せしめの手入れか何かがあったようだ。どこも同じ様な店なのに、何をすると捕まるのかよく分からない。

逮捕

ソンテウに乗って北部Soi4辺りに移動して、適当なバービアに入って姫とゲームをしたり、ビリヤードをしたりして、ひとしきり遊んで帰った。特に目に付く姫も発見できず、パタヤでの夜遊びがワンパターン化してきた感じがする。

YouTubeファランの買春ツアーニュース?


ブログパーツ

2007-12-02(Sun)

バービア巡りとディスコの9日目(12月2日)

パタヤ4日目の朝食は、ホテルを出てすぐの屋台でセンミーナーム(タイ風ラーメン)を食べてみた。ここが意外と当たりで、いろいろな具が盛りだくさん入ってB25。場所はWalking StreetのSoi BJを入ってすぐのおばちゃんの屋台。

SoiBJバーミー屋台    SoiBJバーミー

食後はやることもなくブラブラと街を歩いて、ホテルに戻る。夕食から他の人たちと合流して、夜の9時頃からゴーゴーを見に行く。

最初に入ったのがニューリビングドール。この店に入るところで入り口のガードをしている奴からナニ人か聞かれ、パスポートを見せろと言われた。日本人でパスポートなんか持って来てないと言うと、中で飲むのかとトンチンカンなことを聞かれた。当たり前だろう、ここはゴーゴーバーじゃないのか?と言い返すと、OKと言われ中に入れてくれた。聞いた話では、昨日のような韓国人や中国人の団体ツアー客が大挙して来て、中を見るだけ見て飲み物も注文せずに帰る事があるらしく、他の客が嫌がるので入り口でチェックしている店もあるとの事。迷惑な話だ。

今日はゴーゴーはここを覘いただけでバービア巡りをすることに。Soi4近くBigC前のバービアに入ってみた。初のバービア体験だ。席に座って飲み物を注文すると、姫がゲームをしようと言ってきた。どこのバービアにもビリヤードとバックギャモン、ジェンガ、五目並べがあるようだ。ゲームをやり始めると1時間くらいは過ぎてしまうもので、たとえ選べる姫がいなくても結構楽しく飲んでいられるものだ。

BarBeer

その後も、近辺をブラブラ歩いているとロリ系の姫に腕を捕まれたので、そのままその店に入ることに。まだ垢抜けていない感じのロリ系の姫は19歳のイサーン出身。ゲームでひとしきり盛り上がったところでペイバー可能か聞いてみたが、最初ショートじゃないと嫌だと言ってきた。店の先輩の姫に説得されてロングでもOKになったが、こっちが興ざめてしまいペイバーはキャンセルした。

そこからパタヤで一番のディスコと言われていた『ハリウッド』がBigC裏手に再オープンしたとの情報を得、行ってみることにした。BigCとサバイルーム(お風呂屋さん)の間の道を進んで突き当たりを右へ徒歩10分ほどで左手に見えてくる。

ハリウッドDisco

入場料は特になく、中に入ると空いた席に案内してくれる。飲み物を注文して座った席の周りで踊るスタイルだ。カンボジアなどのディスコと違いダンスフロアがないので、どの姫がナンパできるのか判断がつかず、お持ち帰りするのは難しそうだ。ここは早々に退散して次のバービアへ行くことにした。

YouTubeディスコ内の様子



バービアが密集するSoi7、8へ移動。いろいろと見て周っていたら、一緒に周っていた人が昨日連れ出した姫に見つかり、そのお店に入ることにした。この姫はめちゃくちゃ明るくてノリがよい。一緒に周っていた人によると、ペイバーB300、姫からは『Up to ypu』と言われたのでB1000で話しをつけたらしい。翌日も帰れと言うまで一緒にいてくれる性格の良い姫とのこと。その人はその姫を連れ出し、自分は海岸通りの立ちんぼを見ながらホテルへ帰った。

YouTubeSoi8の様子


ブログパーツ

2007-12-01(Sat)

韓国の団体客と同席?した8日目(12月1日)

パタヤ3日目。
朝食(昼食?)はバンコクで一緒だった人が勧めていた、APEX HOTELのBreakfast Buffe(B110)へ行ってみた。タイ飯から洋食、デザートまでかなりの種類があって食べ放題でこの値段は安いと思う。しかも13:00までやってるので、遅く起きた時でも時間的に間に合うのはありがたい。ここもファランでかなり賑わっていた。他のホテルでも同じ値段で朝食ビュッフェをやっているところは多いようだが、午後1時までやってるのはここくらいのようで夜遊び朝寝坊派には助かる。

APEXHOTEL1 APEXHOTEL2
APEXBUFFE1 APEXBUFFE2

遅い朝食の後、買い物をしていたらパタヤで合流する約束をしていた人から電話かかってきた。今日着いたばかりとのことだが、早速待ち合わせをして合流。そのままSoi6を冷やかしに行くことになった。

入り口の店でまあまあの姫を見つけて、誘われるまま店の中へ。中は薄暗くソファーが3つ並べてある。ソファーに座って姫を横につけながらコーラを注文。横についた姫と話しながら胸や下を触り放題。自分についた姫は積極的に営業してこなくてつまらなかったけど、一緒に来た人についた姫は19歳でチンチンを揉みながら積極的に営業を仕掛けてきていた。部屋代B250、姫にはB700とのこと。その人も負けじと姫のクリちゃんを触っていると姫が「オーイ」と感じだして、上に行こうとしきりに誘われていた。しかし、踏みとどまってドリンク代(B100前後)だけ払って店を出た。

YouTube昼間のSoi6の様子



その後、時間が早いのでスタバなどで時間を潰すことにした。夕食の時間からもう一人の人と落ち合って3人で夕食を『POLOエンターテイメント』1階の『Climax』で食べてみた。ここはステーキが中心のメニューで値段はB100前後なので手頃。横では『POLO』のお姉ちゃんたちが階段で踊っている。

POLO    Climaxステーキ

食後の夜遊びは、初パタヤの人もいたので定番のスーパーベイビーからスタート。しばらく飲んでいると、韓国の団体客のおばちゃんやおじちゃんが大挙して入ってきた。韓国人がツアーコースにゴーゴーバー見学を入れる感覚は理解不能だが、興ざめしたので店を変えることに。対面にある同系列のスーパーガールへ。3日連続で来ているので、ここのお姉ちゃんやおばちゃんには顔を覚えられてしまっていた。その他、CATS-A-GO-GOなどマイナーなゴーゴーバーを周ってみたが、特に面白いところは見つけられなかった。

YouTube韓国団体客らしき集団が映ってる動画


ブログパーツ
プロフィール

TatsuoBKK

Author:TatsuoBKK
不惑の年代に突入!
しかし。。。タイに惑う ^^;

エログ杯 erogger
My Album
カテゴリー
人気ページランキング
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
YouTubeSS
クリックすると動画が見れるよ
developed by 遊ぶブログ
アダルトエリア
RSSフィード
SEOキーワード
  • seo
みんなの足跡
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

SEO対策:アダルト SEO対策:海外 SEO対策:風俗 SEO対策:タイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。