--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007-11-30(Fri)

まったりモードに突入7日目(11月30日)

パタヤに来て2日目。
昼頃に起き出して、朝飯(昼飯?)を食べに出掛ける。
他の方がブログで紹介していた『BOAT』へ。タイ飯から洋食までメニューがあり、値段(B40前後から)も手頃で味もまあまあなので、タイの女の子や男の子を連れたファラン(タイ語で白人)で結構にぎわっている。場所はWalking Streetから2ndロードを北上して徒歩2~3分。パタヤのホモゾーン『Boyz Town』の向い側。

BOAT1    BOAT2

腹ごしらえの後はソンテウに乗ってノースのBig Cへ買い物に。お菓子やつまみと飲み物を買って、昼間からやっていると言う、おさわりバー兼置屋が並ぶSoi6の視察に。バンコクから着いたばかりの目には選べる姫がいないなぁ、と言うのが正直な感想。一旦ホテルに戻って休むことに。

バンコクで一緒に遊んだ人から電話が入り、一緒に夕食を食べることに。ウォーキングストリートの裏手、マリーンディスコ横のシーフード屋台街へ。ウォーキングストリート沿いのシーフード屋よりも値段は安め。5人(日本人3人、タイ姫2人)で食べてB1600くらい。食後は定番のスーパーベイビーに5人で突入!タイ姫をバンコクから連れてきている2人も『ここは選べる姫がいる』との評価。ただ、バンコクから連れてきているタイ姫もいるので、普通のゴーゴーでは面白くないと言うことで、ショーが充実している『POLOエンターテイメント』へ移動する。

POLO

ここは延々といろいろなショーをやるので見ていて飽きない。ただし、SMショーなどではお客も舞台に上げられるので、舞台に上がりたくない人はかぶりつきの席は避けよう。また、ここは韓国や中国の団体客のツアーコースに入っているので、タイミングによってはそういう人たちと一緒になることもある。『POLOエンターテイメント』を出て他の人と別れて、昨日と同様一人でゴーゴー巡りへ。スーパーガールを覘いて、ホワッツアップ、シャークと見て周った。

YouTubeWalking Street Promotion Video?



その後、前回のパタヤで可愛い姫を見つけたSoi6の2ndロード側にあるカラオケ『クラブ愛』へ。夜11時を回っていたので、姫が3人しかいないと言われた。姫の出勤時間は午後8時で8時半がベストの時間との事。在籍人数は20人くらいとの事。連れ出しオールナイト込み込みでB3500。パタヤでは少し高めの値段設定だが、前回の経験で言うとかなり可愛い姫が揃っていた。また、姫の教育も行き届いていて、恋人のようにいつも寄り添ってきたり、何度求めても嫌がることはなかったので、姫の当たり外れは少ないと思う。

ちなみに、カラオケだけどカラオケをする必要はなく、姫の連れ出しだけでもOK。姫を連れ出したいと言うと、カラオケの大部屋に通され姫がゾロゾロと入ってくる。大部屋の壁伝いに並ぶ姫を見るのはなかなか壮観。好みの姫を選んでお金を払って一緒に店を出る。好みの姫がいなければ、その旨伝えて店を出ればよい。
ブログパーツ
スポンサーサイト

Comment form

管理者にだけメッセージを送る

Comment

No title

お久しぶりです。いろいろ廻っておられるようですね!こちらは帰国してあくせく働いております。でも1月の航空券があまりにも安いので訪タイを考えています。お金を稼がなければ・・・
それでは存分に楽しんでください!!

No title

早くもタイに帰りたい病ですか?(笑)
次回の訪タイにはパタヤも良いかもです。バービアの姫はすれていなくて、B1000で夜から昼まで一緒に過ごしてくれたりするようですよ。
プロフィール

TatsuoBKK

Author:TatsuoBKK
不惑の年代に突入!
しかし。。。タイに惑う ^^;

エログ杯 erogger
My Album
カテゴリー
人気ページランキング
最近の記事+コメント
最近のトラックバック
リンク
アクセスランキング
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセスカウンター
YouTubeSS
クリックすると動画が見れるよ
developed by 遊ぶブログ
アダルトエリア
RSSフィード
SEOキーワード
  • seo
みんなの足跡
画像ポップアップ

斎七@虹のもとブログ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

SEO対策:アダルト SEO対策:海外 SEO対策:風俗 SEO対策:タイ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。